ピアノが好きすぎるブログ

毎週土曜日に更新しています。

これが出来ればすごいと思う。手がつる勢いです(´;ω;`)

ハノン50番に、レガートの3度の練習があるんですが、これはエグイです。

次に52番にさらに発展させた「3度のスケール」が出てきますけど。

まずはこれから、という位置づけですね。

f:id:pianosukisugiru:20180330124313j:plain

 

特に、5本の指を鍵盤にくっつけたままこれを弾くのは、手がつるレベルです。

というのは、となりの指につられて、いっしょに指が動いてしまうからです。

ピアノを始めたばかりの人にとって、もはやムリゲーだと思われます。

 

その理由を素人ながらに考察してみました。

注意;まったくの素人の考察です。

 

f:id:pianosukisugiru:20180330125217g:plain

 

グーグル先生によりますと、指の神経はこのように通っているらしく、

手首を通る右側の神経が「正中神経」左側の神経が「尺骨神経」というそうです。

(初めて知ったよ)

【わたくしの考察】

  • 親指(1)と中指(3)の組み合わせの時は楽です。理由は、ともに「正中神経」が担当しているからではないか?
  • 中指(3)と小指(5)が動きにくい。尺骨神経が小指を動かし、正中神経が中指を動かしているはずだが、それが大変なのか?
  • 人差し指(2)と薬指(4)も難しい。これも3と5が難しい理由と同じではないか?
  • また、3と5を動かそうとすると、薬指(4)も動いてしまうのは、中指と小指を動かそうとして流れる信号が薬指にも行ってしまい、ピクッとするのではないか?

いかがでしょう?

 

もちろん、神経だけでなく、筋肉とか、脳とか、指を動かすファクターはいろいろあるのでしょうね。

ゆえに3度重音がムズイ理由は神経に限らず多々あると思うのですが。

医学的知識に詳しい方がいたら、教えてほしいです。。。

 

ピアノが上手な人って、動かしにくい指を上手に克服して、いわゆる「指の独立性」っていうのを手に入れていると感じるのです。

逆に下手な人は同じ得意な指ばかりを使っているような。

そういう意味からも、ハノン、リトルピシュナ系の「基礎練習」は大切だなあ、と

つくづく感じますね...。

過去に書いた関連記事です。

pianosukisugi.hatenablog.com

 

 

 

 

 

↓ ☆彡記事を書いている人はこんな人です。彡☆

↓ ☆彡記事を書いている人はこんな人です。彡☆

「拓也さん」とは誰か? - ピアノが好きすぎるブログ

↓ ☆彡読者登録もよろしくね。彡☆