ピアノが好きすぎるブログ

毎週土曜日に更新しています。

「いつもポケットにショパン」(くらもちふさこ)

昭和のピアノ女子を描く「いつもポケットにショパン

 

 くわしくないのでよくわからないのですが、

「漫画文庫」に入るということは、いわゆる「殿堂入り」なんでしょうか。

だって「漫画文庫」って手塚治虫の「火の鳥」とか「ブラックジャック」のイメージないですか?よくブックオフでセット売りしてそうな。

 

ネットで音楽マンガのレビューをよく読むのですが、「いつもポケットにショパン」を推す人が多いので、わたくしも読んでみました。

1980年別冊マーガレットに連載ですので、少女マンガの王道。

あの時代に、ピアノを習っていたような大人の女性だったら、すごいノスタルジーを感じるのかもしれないですね。

わたくしは子供のころは、ピアノやってませんでしたけど、何となく、ピアノをやっていた少女(少年は数が少なかっただろう)の感じは、何となくこの作品の香りを感じますね。

バブル崩壊後に大人になったような、微妙な世代ですね。

団塊ジュニア世代、というやつです。

 

 1980年代は、インターネットもYOUTUBEもブログもない時代。

思えば、不便なゆえに、いろんなものに趣やありがたみがあったわけで、それというのはたとえば「ショパン」なのでしょう。

ちなみに、ショパンを聞くなら「ブーニン」というピアニストが定番かつ超おススメだったりしますが。

 

 

「いつもポケットにショパンを」で、わたくしが「ほお」と思ったのがこのシーン。

 

上邑さんというイケメン(かつ天才ピアニスト)を

 

じぶんのイメージの中におく。

あの時の気持ちも、あの時の気持ちも、音でくりかえしてみよう。

 

 

f:id:pianosukisugiru:20170508220416j:plain

 

これが素敵なピアノを弾くコツかもしれないですね。

キュンキュンする心があって、それが曲と結びついている、という。

 

しかしですね。

ピアノを弾く人は、いつもキュンキュンするような日常に置かれてますか?

ということはありますよね。

 

ネットでよく、

「若者が恋愛しなくなった」という話を見かけます。

男は収入が低いので恋愛に消極的になり、

女は経済力のない男を彼氏にしたくないので、いい人がいないのよ、という話になる、という論調が多いですよね。

そんなギスギスした世の中。

若者がピアノ弾こうとしても、心が萎んでしまって、キュンキュンしたピアノって弾けないのでは?と思ったりもします。

それとも、現実はギスギスしていても、萌えアニメとかジャニーズとか韓国ドラマとか、リアル恋愛の代替品があって、彼ら若者のリビドーは、うまく対象を見つけるのでしょうか。

 

 

このマンガを読んでいて、そんなことを考えました。

 

↓ ☆彡記事を書いている人はこんな人です。彡☆

「拓也さん」とは誰か? - ピアノが好きすぎるブログ

↓ ☆彡読者登録もよろしくね。彡☆