ピアノが好きすぎるブログ

ピアノが好きなあなたのために書いています。

AIR FROM SUITE No.3(Bach) について調べてみました。

G線上のアリア」というのを弾いとります。

AIR。「アリア(イタリア語の発音)」のつづりが英語の「空気」と同じだったとは知りませんでした。英語だと「エアー」みたいな発音になるようです。「アリア」の意味は「旋律的な楽曲」という意味。

「〇〇のアリア」みたいなタイトルやキャッチコピーを作ると、なかなかおしゃれではないか、と思いました。

 

この曲がなぜ旋律的か、というと、思うに、普通の曲は2小節ていどのモチーフを変えたり、繰り返したりして進んでいくことが多いですが、この曲はメロディのまとまりの長さが長いです。次々に違うリズム、違うメロディが出てくるので、単調な規則性を見いだせず、そこが旋律的に聞こえる理由の一つでもあると私は感じます。

 

どうも、オリジナルっぽい動画があまりなく、人気曲であるせいなのか、みんなジャズやロックの人たちなんかが好き勝手にアレンジして弾いています。その中には素晴らしい神業的な演奏もあり、驚くのですが、ちょっと趣旨を外れるので割愛しまして、そんな中で非常にレトロで正統的な感じがしたのが下の動画でした。

www.youtube.com

オリジナルはバッハの 管弦楽組曲 - Wikipedia そもそもはトランペット、ティンパニオーボエビオラ通奏低音、といった構成らしいです。うーん、、、ピアノだけで全体を再現できるものではないようです。

1700年代初期に作曲されているらしいので、300年くらい昔の曲ですね。

 

なぜ「G線上」なのか?

アウグスト・ウィルヘルミ - Wikipedia

による編曲で、Cメジャーに編曲されています。(バイオリンとピアノ用)私はよくわかりませんが、バイオリンのチューニングは下からG、D、A、Eだそうで、一番低い音が出るG線のみでの演奏が可能。そう言えば、この曲はバイオリンにしては低くて深くてまろみのある音色の印象があります。

www.youtube.com

上はバイオリンの先生をしていらっしゃる方がG線だけを使って「G線上のアリア」を演奏していらっしゃる、という動画。なるほどねー、と思いました。

素人考えだと、となりの弦も使った方が手を大きく動かさないで弾けそうな気がしますが、どうなんでしょうね。

 

というわけで、私もこの曲を弾けるように、練習を頑張りたいと思います。

今、始めてから5日目です!

正直、曲の練習はこのあたりが一番キツイんですよね。でも、いろんな動画を見て刺激を受けましたので、きっと最後まで弾ききれると思います。

それにしても、いろんなジャンルのプレイヤーがこの曲に惹きつけられる理由が何となくわかりました。たしかに名曲!なんですよね。分析なんかもしたいところですが、それはとりあえずおいといて、弾けるようになりたいですね。

 

バッハは他にも「主よ人の望みの喜びよ」とか「アヴェマリア(グノー)」「シャコンヌ」「トッカータとフーガ」といった、誰もが知っている人気曲があります。ピアノでも当然多く演奏されていますが、概して左手のパート(2声対位法という技術を使っているので、左手にもメロディパートが存在する)が難しい。。。「難しい」と言っても、難しさの質がちょっと違うんですよね。

PS ブログを書きながらワインクーラーを飲んでしまいまして、今から練習です。大丈夫かな、、、?