ピアノが好きすぎるブログ

ピアノが好きなあなたのために書いています。

ギロック「Lyric Preludes in Romantic Style : 24 Short Pieces in All Keys」をお勧めする理由

先月から、ギロックの「叙情小曲集」を弾いています。

記事タイトルの

「Lyric Preludes in Romantic Style : 24 Short Pieces in All Keys」

は英語の原タイトルです。

だいたい、1日に20分くらい。
スケール練習をしたあと、ちょこちょこっと練習しています。


今、まだ全24曲のうち、3曲しか取り組んでいないのですけど、これは素晴らしい曲集だったので、
どこがどう素晴らしかったのか、書きたいと思います。

 

・メジャーキー12調、マイナーキーボード12調全てが練習できる。
・曲が短い(長くても2ページ)
・有名なクラシック曲のスタイルを模倣しているのが楽しい。

下のAmazonリンクはKindleの英語版「叙情小曲集」です。
私は、音楽関係の書籍は和書より洋書の方が好きですので

 

Lyric Preludes in Romantic Style: 24 Short Intermediate to Late Intermediate Piano Pieces in All Keys

Lyric Preludes in Romantic Style: 24 Short Intermediate to Late Intermediate Piano Pieces in All Keys

 

 

3曲弾いてみた感想を書きます。
October Morning
いちばん短かったので、まずはこれから。

左手に10度が出てくるので、指のストレッチによいです。
Deserted Ball Room
ボールルームって何かわからなかったんですが、

ホテルなんかにある社交ダンスをする部屋のことらしいです。
…って、弾いてみた感想じゃないですよね(;´・ω・)
An Old Valentine
メロディが歌いやすいので、歌心のある人向け? 最後の部分は難しい(>_<)

 

といった感じです。

もしギロック「叙情小曲集」弾いている人、いましたら、お気軽にコメント入れてくださいね。