ピアノが好きすぎるブログ

ピアノが好きなあなたのために書いています。

リチャードクレイダーマンの古楽譜を入手しました

リチャード・クレイダーマンを知っていますか?


昔は、たしかイージーリスニング」と呼ばれていたジャンルがありました。
そして、この人が神のように君臨していました。
(Richard Clayderman 1976年デビュー。1980年初来日)

わたしは10年くらい前かな?に、リチャードのコンサートに行ったことがあります。
あまりにやさしげな人柄と、素直にしみこむ音楽に感動しました。

今思うと、どちらかというとキャラクターで売ってたような気もしないでもないですが、本人はいたって真面目にピアノに取り組んでいる人物のようです。
そうじゃなかったら40年もの長きにわたって活躍してないですよね。。。

わたくしはバンコク在住なのですが、古本屋で古楽譜がふと目に留まってしまい、

「ピアノ・ソロ・ベスト・コレクション
リチャード・クレイダーマン6/星のセレナーデ」

買ってしまいました。(60バーツ=約180円)
ブックオフより安いかも。
かなり古い楽譜みたいでAmazonで探しても出て来ません。

f:id:pianosukisugiru:20170708105809j:plain


中をちょっと見てみると、指番号も丁寧に書いてくれていて、
ちゃんと練習する人のことを考えて作られていますね。

f:id:pianosukisugiru:20170708105838j:plain

 

ただ、リチャードの音楽は、録音もコンサートも、ストリングパートやリズムセクションが入ってますので、ソロで弾いても同じ感じに聞こえるかというとビミョー?と考えます。

 

楽譜に入っている曲のプレーリストを作りましたので、シェアします。
1981年くらいの曲が多いようです。日本でブレイクした年なんでしょうね。


https://www.youtube.com/playlist?list=PLBWcJIrwDPcAPbnsWsI0yorqI5Nn_XtUl


COUP DE COEUR(星のセレナーデ)
LES REGRETS(ルーに捧げるピアノ)
GREENSLEEVES(グリーンスリーブス)
CHILDREN OF THE WIND(風の子供たち)
LE CYGNE(悲しみの白鳥)
 ※Saint Saens
LES DERNIERS JOURS D'ANASTASIA KIMSKY(アナスターシャ最後の日々)
 ※本人映像あり
MY SERENADE(マイ・セレナーデ)
 ※Schbert
LADY DI(レディー・ディー)
CAVATINA(小さなピアノの詩)
 ※Stanley Myers クラシックギターの定番曲
NE ME QUITTE PAS(行かないで)
VIVRE AILLEURS(ラスト・ソング)

プレーリストをよーく聞いて、気に入った曲を練習してみたいと思います。

(せっかく楽譜もあるんだし)