読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピアノが好きすぎるブログ

ピアノが好きなあなたのために書いています。

今日はエンディングのヴォイシング。

終わりよければ全てよし、みたいなことは多少あるかも。

「星に願いを」は、あまりの難しさに「アドリブ」部分は諦めました(´・ω・`)

イントローAABA-AABA-エンディング。みたいに弾こうと思います。

これを弾きこなしたら、アドリブパートは、また日を改めてチャレンジすることにします。

 

で、今日は時間がないので譜面はあとで時間があるときに載せますけど、Ebのキーで

|BM7(9) |EM7(6,#11) | EbM7(6) |EbM7(9 #11)|

ですよ~。すごくアヴァンギャルドですね。

|D#m/B |Ebm7/E |Gm add4/Eb| F/Eb |

(スラッシュの左側を右手で弾く)

で、上記のサウンドが得られます。

すごーーい。

マル覚えして、あらゆるジャズバラードをこのパターンで終わったろか、みたいなインパクトですね。

 

気が早いですが、次月はこれを使って学びます。

 

国府弘子の今日からあなたもジャズピアニスト (NHK趣味悠々)

国府弘子の今日からあなたもジャズピアニスト (NHK趣味悠々)

 

 私、実はこの本、2011年にアマゾンのカスタマーレビューも書いていて、NHKの番組放送もリアルタイムで何回か見た記憶があるので、2008年に入手した本のはずです。

「なんちゃってジャズピアノ」は、間違いなく良書だとは思うのですが、ちょっと歯ごたえがありすぎました。それよりもこちら(国府弘子さん)の方が、自分のレベルには合っていそうなので、こちらからやっていこうと思います。

もちろん、国府弘子さんの本でも、上手な人用にガチで書いたものもあるはずですので、「今日からあなたもジャズピアニスト」に関してだけ言えば、まあ手加減してくれている、といったところかもしれません。たとえて言うと、プロの囲碁将棋の棋士指導対局で本気で勝ちに来ることはないわけで、あくまで「基本を教えよう」という感じがしてユーザーフレンドリーな本です。

 

ちなみに私は過去記事において、こんなことをほざいています。

pianosukisugi.hatenablog.com

そう。自分で「難易度」はほどほどにしよう、と言っておいて、自分で守れていませんでした。

 

しかし、乗りかかった船ですので、「星に願いを」だけは近々練習キャスできるレベルまでがんばりまーす。

 

じゃ、またね~。