ピアノが好きすぎるブログ

ピアノが好きなあなたのために書いています。

ベースギター売ってきました。

断捨離続けています。

今日は、ベースギターを売ってきました。

500バーツ(1500円)でした。まあ、インドネシア製のよくわからんメーカーのですしね、、、、それはいいのですけど、部屋が広くなってワロタ、みたいな状況です。

 

ところで、ピアニストが、他の楽器に手を出す、ということをどう思いますか?

私は、ピアノのほかにギターをやってるんですけど、もし「何かの楽器を一生かけて学ぶこと」ということを考えると、楽器を習う(独学する)というのは、もしかしたら「結婚」なのかもしれません。

あなた(男性と仮定します)がある女性に「ボクと結婚してください」みたいなプロポーズするとしましょう。

その言葉は、その女性の中では

①一生、私という女性だけを愛する。

②私だけではなく、子どもが生まれたらその子も等しく愛する。

③家族の幸福を守るため、働き、収入を得る。

④趣味や娯楽はほどほどにし、私との時間を持つ。

他にもあるのかもしれませんが、おおよそ上記みたいなことを意味していると思われます。

 

で、ふと思ったのです。もしかしたら、部屋にベースギターがあるということを、ピアノさんは快く思っていないのかもしれない、と。ピアノさんは嫉妬深い女性のような存在なのもしれないな、、、と。

そんなこと考えたことはなかったのですけど、ピアノさんの気持ちになると、ごめんなさい、という気持ちになってしまいます。

 

話は変わりますが、日本人の宗教観と絡めて

日本人って、宗教観がでたらめだ、ってことはご存知ですよね?

神道仏教キリスト教、新興宗教など、神様だらけ。

一神教の国だと絶対にあり得ない感覚だと思うのですが、、、

f:id:pianosukisugiru:20170212015717j:plain

なんとなく、この辺のメンタリティが、ピアノをやっているのに部屋にベースギターやギターがある、という節操のない状況を生んでいたのでは、、、と感じます。

私は無宗教なので、スピリチュアルな本は好きなのですが、特に宗派はこだわらずに読んでいるのですが、もし心酔するような教えに出会ったらどうでしょうか?

やはり、その宗教の本だけを読んで、その教えにしたがった生活を送るのが正しい信徒なのでは?という気がしますよね。。。だいたい、いろいろ読んだら、頭の中がぐちゃぐちゃになって、何が何だかわからないと思うのですよね。

で、さらに考察を進めると、たとえばキリスト教を信じている人たちがものすごく大勢いると、その人たちの精神エネルギーによって、父なる神とかイエス様とかマリア様とか、そういうキリスト教的なエネルギーの「場」を作り、それが精神エネルギーとして「存在するようになる」のでは?と思ったりします。死んでこの世を離れたキリスト教徒の精神エネルギーもまた、何らかの存在になってその「場」を強める、とすれば、、、累積されていって、巨大なキリスト教的精神世界があるのかもしれません。

 

で、話をピアノに戻しますと、

私はピアノと「音楽的な結婚」をし、「ピアノ教徒として洗礼を受けた」ということになるかと思います。

そういう覚悟を新たにしたい、と、それを言いたかったのですが、何となく、言ってること、わかっていただけましたか。

 

じゃ、またね~