読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピアノが好きすぎるブログ

ピアノが好きなあなたのために書いています。

新曲練習~♪「上を向いて歩こう」

未分類

やっと練習できる、、、

思えば、先週の土曜日の飲み会以降、毎日毎日事件が起きたり事故が起きたり仕事や雑用がバンバン入ってきたりして、ピアノが弾けてません(´・ω・`)

昨日などはブログを書く気力さえなく、バタッと倒れて8時間寝てました。

 

ちょっとでも真面目にピアノにコミットしようと考えた者であれば、

(あ~、仕事うぜ~)とか、

(あ~、家族とかいらないし~)とか、

(あ~、一人になりたい~、かまわないで~)とか、

そういう心境になっているはずです。

私の想像だと、アスリート、なんか、演奏家と似てるんじゃないかな?

身体を鍛えたり、競技の練習をするために、あまり働きたがらない人が多いんじゃないかな、と思います。

一方で、一応、「仕事があったり、家族がいたりする」のは、間違いなく人生で「ありがたいこと」である、ということは言うまでもないのです。

この辺のバランスですよね?

 

もし本当にピアノなりアスリートなりの道に進む者がいるなら、きっと、「普通の人生」と「求道者としての人生」を選ばされるんじゃないかな?

つまり、忘我の状態でピアノを弾いていると、どこからか

「タクヤよ、、、お前はこの先、ジャズピアニストとしての人生を歩むことになる、、、そうすれば、今の自分とは変わってしまう、、、お前にその覚悟があるのか?」

みたいな声がアストラル界から聞こえてくる。

で、その時に

「はい、よろしくお願いします」と答えると、もう普通の人生にはならないけど、ピアノばかりの環境が与えられる、みたいな?

まあ、私の妄想ですけど、、、何かの「道」を歩くことになってしまった人は、このような体験をしているような気がします。

 

 まあ、話を戻しまして

ようやく元気が回復してきて、昨日から徐々に上を向いて歩こう」(ジャズピアノバージョン)の練習を開始しました。4ページもあるけど、アドリブの個所もないし、なんとか今月中に出来そう。よかったー。

 

「なんちゃってジャズピアノ」という本ですけど。。

 

 

 

もしかしたらこの本、来月もやるかもしれません。収録されている曲の半分も弾いてないし、同じ著者のアレンジでしばらく練習した方が、「このケースはこうやるんだ」というノウハウがしっかり学べるような、そんな気がするから、ですね。

 

で、なんと続編もありました!「らくらく実践編」ですって。

こっちは私は持ってませんね~。でも、曲を見るとジャズスタンダードが多くて、ちょっと当たり前すぎるかな?と思いました。実物を見たら手に取って判断を下したい。。。

 じゃ、またね~