ピアノが好きすぎるブログ

ピアノが好きなあなたのために書いています。

ストライドピアノの難しいバージョン。

この方法で「いつか王子様が」をアレンジしたい

去年(2016年)11月に練習した「いつか王子様が」

時間があったら、昭和のにおいがする「坂道のアポロン」。見てほしいです。

りっちゃんに薫君が告白するシーンで「いつか王子様」が使われてまして。

【坂道のアポロン】3話 ~いつか王子様が~

地味だけど、コミックも全部読み、アニメも全話見るくらいにハマった作品です。

薫君は、クラシックピアノで鍛えたテクニックもあり、頭もいい(将来、医者になります)ので、ビルエヴァンス風の知的な演奏ですけど。

私は、こないだの記事で書いたストライドピアノの手法で、

「ジャン(1拍目ルート)ジャーン(2,3拍目和音)」みたいに弾くアレンジもありかな、なんて思います。

pianosukisugi.hatenablog.com

 

で、この英語サイトさんの難しいバージョンとして紹介されているストライドピアノのパターンが下の譜面です。曲は「It's Only A PaperMoon」

f:id:pianosukisugiru:20170115231847p:plain

サイトさんには

For these chords, close-position rootless voicings work really well 

(このコードには、ルート省略のクローズドポジションが実に合う)

とあります。

上の譜例のC6は、ミソラㇾ(ルートのドはない)

G7はファラシミ(ルートのソはない)

スコットジョプリンのクラシックスタイル的なストライドとはずいぶんサウンドの印象が違いますよね。この感じなら、「いつか王子様」ともマッチするのではないかな、、、と。

ピアノ(ジャズピアノ)の面白さっていうのは、

「このテクニックを使ってこの曲を弾くとどーなるんだろう?」

ってのもあると思うんですよね。

 

PS

昨夜の飲み会は、なぜか料理の写真を撮るのを忘れてしまいました。

ブログネタにしようと思ったのですが、、、不覚でした。

さらに疲れて今日は一日中寝てしまって、、、、

明日も暇なので、明日はDTMを進めていこうと思います。時間がガーっとないとDTMは出来ませんからね。明日はそんなことをブログに書けると嬉しいです。

 

じゃ、またね~。