ピアノが好きすぎるブログ

毎週土曜日に更新しています。

テクニックを磨こう

ロクリアンスケールについて調べてみた。

今回の記事は、ちょっとマニアックな記事になってしまいます。 まず、本題に入る前にちょっと書きたいことがあって、それは 「わたくしが音楽をしていてどういう時におもしろい、と思うか」について、です。 これってすごい大事なことだと思うのです。 で、…

これが出来ればすごいと思う。手がつる勢いです(´;ω;`)

ハノン50番に、レガートの3度の練習があるんですが、これはエグイです。 次に52番にさらに発展させた「3度のスケール」が出てきますけど。 まずはこれから、という位置づけですね。 特に、5本の指を鍵盤にくっつけたままこれを弾くのは、手がつるレベ…

【動画あり】スケールを練習してみた。

前回の記事はアルペジオの練習について書いたので、 今回は、わたくしのやっているスケールの練習について書きます。 前回の記事はこちらだよ↓ pianosukisugi.hatenablog.com リトルピシュナ35番と36番は長調のスケール練習 はじめにスケールって何? っ…

【動画あり】アルペジオを練習してみた。

アルペジオって、ラウンジピアノの基礎的で重要なテクニックですよね? わたくしがぜひとも!マスターしたいと思っているテクニックです。 今日は、アルペジオの練習方法を書きます。 アルペジオが上手に弾けるようになると、実力以上に上手に聞こえますので…

メロディをお手軽に盛れる6度重音の練習方法について。

去年(2017年)の12月から練習してるAKB48さんの 「ヘビーローテーション」。 練習をあまりにチンタラやっていたために弾けるようになってません。これからも引き続き練習します。 わたくしが使っているアレンジ譜。残り2冊! さて、この曲集の「ヘ…

R 5-3、つまりは10度のストライドの弾き方について

最近気がついた弾き方のコツ。 「いつか王子様が」を弾く際に、以前は、テンションノート(9th)入りのクローズドヴォイシングを使っていたのですが、「ソロピアノで連れに聞いてもらう」という状況を考えると、R-53の10度のストライドの方がきれいなサウ…

短7度の幅を覚えると、、、こんなメリットが!

指の幅、という「感覚」を使うと、弾くのが楽になる。 ジャズピアノでよく出てくるヴォイシングで、左手でルートと7度を同時押し! とゆうのがありますよね。正確には7度は「長7度」と「短7度」とがあるのですが(わからない人はググってくれ(/・ω・)/)、…

ストライドピアノを教えているサイトさん。(英語だけど)

素晴らしいサイト、見つけました。 cocktailpianolessons.com このサイトさんでストライドピアノを勉強させていただきました。音楽というのは、やはり西洋のものですので、英語の情報を探すと有益な情報を得られることが多いです。 これの Learning To Play …

両手のコードヴォイシング研究。

メジャーコードはこのヴォイシングがよさげです (1)右手 ㇾ ソ ド 左手 ド 右手に「2,5、ルート」左手「ルート」 「ㇾ ソ ド」は、レとソ、ソとドが完全4度音程で、言葉にすると、ふわーっとした感じの響きになると思います。コードネームはCadd9とな…

あまりに練習効率が悪いときは「ドレミ」を書くことにしている話。

新たなるフェーズへ ソロスタイルのジャズピアノを、このブログでは「無伴奏ジャズピアノ」ということにしています。(特に理由はないのですが) 以前、この本「なんちゃってジャズピアノ」が無伴奏ジャズピアノを弾くのによいよ、という記事を書きました。 …

右手の重音を弾くコツについての仮説。

重音、めっちゃ苦手です。。。 私は重音がめっちゃ苦手です。しかし、来月は 「無伴奏ジャズピアノ」にチャレンジするのですが、弾こうと思っている楽譜の右手パートには「だんご三兄弟」風に音符が並んでいます。。。 今ちょうど、「パッヘルベルのカノン」…