ピアノが好きすぎるブログ

ピアノが好きなあなたのために書いています。

「リトルピシュナ48の基礎練習曲集」について思う。

 基礎練習の本です。

今月から取り組んでいる基礎練習の本ですが、いい点と不可解な点をあげていきたいと思います。(けっこう辛口です)

リトルピシュナ 48の基礎練習曲集(60の指練習への導入) 解説付 (zen-on piano library)

リトルピシュナ 48の基礎練習曲集(60の指練習への導入) 解説付 (zen-on piano library)

 

 【いい点】

  • 1-4がメジャー、5-9がマイナー、10ー14がドミナント7thの和音の上にフレーズが組まれている。つまり、同じようなものが一か所にまとまっている構成になっている。バラバラに出てこないところがよいです。
  • 調号がつかない調から始まって、半音ずつ上昇してゆく。12調を階段のように上がっていって元に戻って終わるというパターン。これなら、ハ長調ばかり練習させられてほかの調だと弾けません、という事態を避けられそうです。
  • 右手と左手のパートを逆に弾く課題もあるので、左手強化にも向いていると思われます。

【不可解な点】

  • 指使いを、同一指使いで弾きとおさせようという意図のようです。しかし、それだと黒鍵盤に短い親指が当たってしまうところがあって弾きにくい…しかし、そこをどう解決するかの指示がまったくないのはいかがなものでしょうか…
  • 解説がわけわかりません。わけわからないというか、日本語としてどうかというレベル。たとえば10ページ下から3行目に「第1組の課題の開始音を逆にして5指からにしたもので」と書いてありますが、、、第1組1番の最初のフレーズは「ドレミファソファミレ」なのですがこれをどう逆にすると、第5組13番の「ファミレドシドレミ」になるのでしょうか?そもそも第1番のドは「主音」ですが、13番のファは「属七和音(ドミナント7th)の第7音(b7)です。音の性質が違うのに、「逆にして」と言われましてもねえ、、、練習曲はよいのに、解説がわけワカメなせいで、素材を殺してしまっていますね。。。残念なことです。しかし、解説には深い理論的な洞察が必要だと思われ、それをやると読者を選ぶからなあ、という解説者の苦肉の策なのかもしれません。(深読みするとね)ただ、ジャズ系の音楽をやりたい人は、バークリーメソッド的な手法で分析をし、「わかった」上で弾く方がよいでしょう。

しかし、それでも「ハノン」と比べてどちらがやる価値あるか?という話になると、本書だと思われます。もちろん、両方やるのがベストでしょうが、わたくしもそうですが、そこまでピアノの基礎練習をする時間がないと思うので。

 

PS

今、「They Live」という映画を見ようと思い、某所からダウンロードしています。人類がレプティリアンなる爬虫類型エイリアンに支配されているという「真実!」を描いた作品で、ヒラリークリントンやブッシュもレプティリアンらしいのですが、、、「マトリックス」や「アバター」より古い映画なので、逆に凄味がありますね💦

 

じゃ、またね~。

(今さらですが)四月の練習スケジュール

早いもので、もう4月10日になってしまいました。

4月も実質、あと20日ですね。

しかし、気持ちを新たに4月の練習予定を考えてみました。

4月というと、やはり年度の始めですし。。。

 

今月は、「復習」です!

それで、2016年の12月から3月まで4か月で練習した曲、というのを下にリストアップしておきます。思い返せば、14曲ほどの曲に取り組んできたのでした。

 

2016年12月「CASIOの電子ピアノの付録より」

「主よ人の望みの喜びよ」

「カノン(パッヘルベル)」

ニ長調のミュゼット」

「ト調のメヌエット

G線上のアリア

アヴェマリア(グノー)」

2017年1月「なんちゃってジャズピアノ」より

「別れの曲」

「フライミートゥザムーン」

上を向いて歩こう

2017年2月「なんちゃってジャズピアノ」より

「星に願いを」

2017年3月「国府弘子の今日からあなたもジャズピアニスト」より

「クールストラッティン」(Fブルース)

「サテンドール」

サマータイム

「枯葉」

 

よくがんばったな~、と思いますね。

今でも、わりとサッと弾ける曲もありますが、「星に願いを」のように、忘却している曲もあります。

今月は、これら14曲をまた、思い出しつつ弾いてゆきたいと思います。

というか、復習しないと、1年後には「きれいさっぱり」忘れてしまうのです。

別に、ピアノに限ったことじゃないとは思いますけど、、、

ダイエットしかり。英語の勉強しかり。

「一時的には」やるぞ!!という気持ちになるのです。

しかし、、、続かない。

ね?続いてないですよね。

そこで、このブログの出番になるのです。ここに練習スケジュールだ!と書き込むことで、復習に取り組めるというわけです。

 

そして、トレーニング!

 以前から愛用している本ですが、「リトルピシュナ」に取り組もうと思います。

1番から14番まで、ですね。「5指の独立」の章。

ピアノはやはり、5本の指が器用に動かないとね、ということですね。

15番以降は重音やトリル、スケール、アルペジオが出てくるんですが、、、

それはいずれまた。

リトルピシュナ 48の基礎練習曲集(60の指練習への導入) 解説付 (zen-on piano library)

リトルピシュナ 48の基礎練習曲集(60の指練習への導入) 解説付 (zen-on piano library)

 

 ツイキャスでピアノを弾いてて、なんだか毎回ボロボロなので、ちょっと鍛えたくなりました。

ピアノやってるみなさん、がんばりましょう。

 

じゃ、またね~

 

 

 

 

 

 

【ポピュラーピアノ】猫でも曲が覚えられる教科書【公式】ご案内。

ようやく脱稿

 このブログで書いて来たようなことを書籍の形にまとめてみました。

もし当ブログの過去記事を読んで、興味を覚えてしまった、という方は、ぜひご一読ください。

 内容は、「曲の覚え方」「コードの弾き方」「ソロピアノアレンジ例」です。

ここ数か月、ピアノを弾くうえで学んできたことをまとめてみました。

Kindleで本を書きたい人への(ざっくりした)アドバイス

わたくしはアマチュア作家として、今後もさまざまな本を書く活動をしていこうと思っています。それで、「どうやったらKindleで本を出版できるの?」と疑問に思っている人もいると思いますので、ざっくりとやり方をQ&A形式で書いておきます。

 

Q1)原稿はどうやって書くのですか?

A1)マイクロソフトWORDを持っている人は、それで書くのが一番簡単ですよ。IOS版のWORDは無料だと思うので、iPadなどで書くのもよいかもしれません。

まあ、作家志望の人は、パソコン版のWORDは持っていた方がいいような気もします。

WORDファイルをアップロードすれば、自動的に変換(Mobi形式に)されます。

 

Q2)表紙はどうやって作るのですか?

A2)WINDOWSペイントなどのかんたんなアプリで作れます。作り方は下記。

美術的な表紙はたぶんPhotoshopみたいなのを使うのだと思いますが、わたくしはわかりません。。。それに、ソフトがあっても技術がないとまともな表紙は出来ないのではないでしょうか、、、。

長倉健太さんというフォレスト出版でビジネス書のヒットを量産していた人のポッドキャストで聞いた話ですが、本は「表紙」と「タイトル」が超大切らしいです。

ある意味、内容以上に、です。

表紙とタイトルは本を書くときの一番の「考えどころ」なのでしょうね。


電子書籍表紙を簡単につくってみた

Q3)kindleで作家デビューするには具体的にどうするのですか?

マチュア作家デビューしたのが2016年の10月くらいでしたので、半年も前のこと覚えてません(笑) 登録の仕方などを完璧に忘れてしまったのですが、下にリンクを貼っておきます。

銀行口座は必要です。(本が売れたときにお金が入金される)

あと、サイトが英文だった記憶があります。多少の英語力は必要かもしれませんね。

kdp.amazon.co.jp

Q4)何か気をつける点はありますか?

A4)本には「目次」ってあるじゃないですか?

あの「目次」から本文への「ハイパーリンク」を設定して、本文へジャンプできるようにするのを忘れないでください。

それから、章を分けるときは「改ページ」を使うこと。すると、章がちゃんとページの頭から始まる、というわけですね。

 

という感じです。(実際、このくらいの薄っぺらい予備知識で電子書籍が出版できてしまいます。。。意外に、かんたんですよね?

PS

ようやく本を書き終わったので、また心置きなくピアノの練習ができます。

4月は、まだ恒例の「練習スケジュール」も立てていませんが、たぶん、新しいことはやらないで、これまでの復習中心で行こうと思います。それと、技術不足を痛感しているので、メカニカルなトレーニングをしたいです。

 

じゃ、またね~

 

Kindle出版審査中

3月中にKindleで出版しようと思ってた本が、ずれこんでしまいまして4月になりましたが、お元気ですか?

f:id:pianosukisugiru:20170402142956j:plain

マチュア作家(笑)であるわたくしは、それっぽくスタバで、ノートパソコンのキーボードを軽やかに叩いてブログを書いています。

そうそう。ノートパソコンはSSDにしたので、ちょっとスピードアップしたのですよ。Core2Duoとは思えぬサクサク感なのですよ?

 

110バーツ(330円)のカフェラテを飲みながら、(わたくしはスタバのカフェラテにはいつもシナモンとナツメグを大量にふりかけて飲むのですが、中毒性ありますよね)

ファイルのアップロードをしました。

今、審査中で、72時間以内に出版が通ったかどうか明らかになるのですが(たしか前回もそうでした)、Amazon,co.jpでうることにして希望小売価格を250円にしたはずなんですけど、画面を見ると250ドル!になっているではありませんか!?

単にパソコンの表示の問題だとよいのですが、なぜ通過がドルなんだろ?

しかも、審査中のときは価格などを設定するところもいじれないようになってます。

(うわっ!)

これはちょっと盲点でしたね。。。前回はAmazon,comで0.99ドル(ロイヤリティ35%)で販売しましたが、Amazon.comにしないといけなかったのかな?

無知なのでよーわかりません。

いつもわからないまま、「感覚的に」やってます。ほんとはまずいんだろうな、、、

 

うーん、、、価格の件はちょっと様子見です。まさか250ドルで買う人はいないとは思いますが、もし本当に250ドルになってるとしたら、審査で通ったあと。早急に価格を250円に変更しなければいけません。

13827文字。

最近は、執筆欲がブログではなく、電子書籍の方に向かっております。

当然、万年筆ではなくてパソコンのワープロソフトで書いているのですが、文字をカウントしてくれるんですよね。13,827文字書いたみたいです。

やはり大変ですねえ。。。

しかし、「まとまったテーマ」については「ブログ」にダラダラと書くより、「電子書籍」というまとまった形で書く方が向いているのかな、と思ったりしました。

(あ、このブログの存在理由が、、、)

しかも、一応価格がついているので、売れると少額ですがお金が入ってくるのですよ。

ブログはいくら書いてもお金にはなりませんしね。(Amazonアフィリエイトとかは出来るんですけど)

という大きく2つの理由から、何かまとまったテーマをお持ちの方には電子書籍というフォーマットをおススメしたいです。

「ものを書く」というのは、村上春樹から無名のブロガーに至るまで、一種の病気ですので、たぶん治らないんです。だったら、どう書くことに向き合うか。それを考えるのが得策化と存じます。

 

このブログのテーマとは大きくそれますが、電子書籍の次回作の構想も出来ています。

それは、わたくしが長年頭を悩ませてきた「タイ語の正しい読み方」についてまとめよう、というものです。

これは、ピアノよりも需要がある?テーマかもしれません。

 

ああ、、、しかし。

月末になりましたが、脱稿しませんでしたなー。

 

じゃ、またね~。

 

 

ツイキャスしました。

今日のツイキャスは、前もって何を話そうか、と考えてから臨みました。

具体的には、ハリポタを観てるよー。全シリーズ観るのが目標だよー、という話で、オチは、でも英語版だからネットのまとめサイトを見ながらで、ストーリー追うのが大変だ、という話をしました。

 

 http://twitcasting.tv/takuyasan_bkk

 

思うに、オチを設定しないと、だから何⁉️ 

になってしまうわけで、話の組み立てが難しい。

 

それが功を奏したのかどうなのかはわからないけど、リスナーさん2人からコメントいただけて、嬉しかったです。

 

kindle書籍執筆は、徐々に、、、ですね。

長期戦覚悟で行きます。

今回は表紙はあざとく猫の写真で行こうと思ってます。

そのために猫カフェで写真撮って来たんだよ。

 

じや、またね〜。

執筆、執筆、、、

電子書籍、やっと道半ばです。。。

このところ、ブログを書かずにAmazonキンドル用の電子書籍の原稿を書いているのですが、今、15ページほど書き進んだところです。

毎日少しずつ書いているんですけど、これはなかなか大変ですね。

一応、30ページくらいにまとめたいと思っているのですが、はたして、、、という。

今月完成は無理かなあ、、、という感じになってきました。

 

電子書籍で学んだことをアウトプットする

実際、過去に書いた電子書籍もたまに買ってくれる人がいらっしゃるみたいで、(売れるとAmazonからメールが来るのでわかります。お~っ売れた~、みたいに感動します)副収入を狙う方が電子書籍を書くというのは十分にありだと思います。

 

しかし、著者としての利益は、残念ながらたいしたことないし、

それよりもメリットと思えるのは

「学んだことを人に伝える形で本にまとめる」中で、学んだことがしっかり身につくみたいだ、ということですね。

何か勉強していることがある人は、電子書籍を書くことをおススメします。