読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピアノが好きすぎるブログ

ピアノが好きなあなたのために書いています。

ピアノと断捨離(ふたたび)

未分類

 おススメの有名な本2冊。

私の親は団塊の世代で、とにかくものを買いまくる人たちです。

それは、おそらくは彼らの子供時代が戦後の「もののない」時代だったので、その反動で「お金があると何か買いたい、と条件反射的に思ってしまう」からだと思います。

幸か不幸か(?)彼らの子どものころに関して言えば、日本は焼け野原でしたが、しばらくして彼らが社会に出て仕事を始めたころに日本は経済復興し、高度成長の波に乗りました。うまく出世した人たちは十分な給料をもとに株だの不動産だのに投資をし、バブルの恩恵を受けたのでした。昭和と呼ばれた歴史の一幕です。

今の時代の若い人は、(失礼な言い方に聞こえたら申し訳ないですが)小さいころからお金に不自由な生活をなさって来ているケースが多いでしょうから、にわかには信じられない話だと思いますが、高度成長もバブルも近代日本史の事実です。

 

それで、私の元には親が買い込み、そして新製品を買うために使わなくなった「ちょっと前の」パソコンだとかスマホだとかが送られてきます。まだ十分に使えるので、捨てるには忍びない、と思ったが最後、ただでさえピアノが鎮座して狭い部屋の貴重な空間がモノで埋めつくされてゆくのです。

 

私はただでさえ、ストレスやノイズに弱い人間です。そんな中、YOUTUBEミニマリストの佐々木さんという方のことを拝見して、すっかり我が意を得た思いがしました。

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

 

 しかし、これ(ミニマリスト)は精神的には賛同できても、実際にここまでガラーンとした部屋で過ごすのは、家族もいる私には現実的ではありません。しかし、もし仮に私が独身だったら、今頃はガラーンとした部屋にちゃぶ台を一つだけ出して、お茶を飲んでいたと思います。そして、それで幸せだったと思います。

 

やがてわたくしは

「ときめくモノだけを残して、お気に入りのものだけに囲まれて暮らそう」という、いわゆる「こんまりメソッド」へと流れてゆきました。下記の本も、一時帰国時に図書館で借りて読みました。(本はなるべく電子書籍を買うべきです。断捨離の敵です)

「こんまりメソッド」に基づいて、いい年をした中年オヤジである私は、「トキメキ」という似つかわしくないモノサシを使って、部屋の中のモノを一つ一つ手に取り、「これはトキメク」とか「これはトキメカナイ」とかブツブツ言いながらモノを減らしてゆきました。

 

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

 

 しかし、正直言いますと、部屋のものを片づけるだのものを捨てるだのというのは、所詮は生産性のある行為ではないのです。。。つまり、部屋にものをため込まなければ、やる必要さえなかった。つまり、金(キャッシュ)を使ってゴミ(トラッシュ)を買い、さらに時間とエネルギーまで使って、元の状態に戻している、というバカな行為です。

今から、断捨離をしないでゴミ部屋に住むことのデメリットを列挙します。

  • たとえば古いパソコンを快適に使うために設定だの周辺機器だのをセットアップしなければならない。パソコンなど本来は1台あって、それだけを使えば十分なのだ。つまり時間どろぼうなのである。
  • 私の原則は1買い2捨て。つまり、一つ買ったら2つ捨てる。これを実行しているのだが、新しいものが搬入されるたびに、どの2つを捨てるかに脳のリソースが消耗されるのだ。得るときよりも捨てる時の方がなぜかエネルギーを使う。経験したことはないが、離婚するときは結婚するときよりエネルギーを使うのだとよく聞く。それと同じメカニズムがはたらくせいかもしれない。つまりエネルギーどろぼうなのである。
  • 私も特に金持ちの家に生まれたわけではない庶民である。使えるものを捨てる罪悪感のようなものがある。私の母の実家は農家で、おわんによそったごはんは米粒一つさえも残すことが許されなかった。のちに妻の家に住むようになり、食べ物を盛大に残してジャンジャン捨てる習慣を見て、(ああ、これでいいんだ)と思いつつも、食べ物を捨てるときにふと母の実家のすでに亡くなったおじさんの顔とか、ユニセフの募金箱に貼られたおなかだけぽこっと出たアフリカの恵まれない子供たちの姿が脳裏に浮かんできて、それが心にチクチクと刺さるのだ。

というわけで、時間どろぼう、エネルギーどろぼう、罪悪感のようなもの、の3大デメリットがあるので、くれぐれも部屋にものをため込まないで、清浄な空間でピアノの練習に励むことを勧めます。

おそらくはエネルギー、時間を浪費せずに、罪悪感なく簡素に生きれば、心が軽くなり、真に有意義なこと、シンプルで心が純粋に楽しめること、をするようになると思う。そして、ミュージシャンにとっては、街角でハーモニカを吹いてればそれで満足さ、みたいな明鏡止水の心境になり、ピアノの練習もはかどってしかたがないはずです。断捨離しようね!

 

じゃ、またね~。

 

前に弾けた曲を忘れて弾けなくなる現象についての考察。

練習のアイディア

私はヤフー知恵袋が好きです!

私は、「ヤフー知恵袋」を読むのが好きで、何か気になったことがあると「同じようなことで悩んでるやつおらんかー」みたいな感じで、検索します。

今日は、ピアノで、以前に弾いた(一応は弾けた)曲を忘れて困っている人の質問を探してみました。

 

f:id:pianosukisugiru:20170217223121j:plain

娘は小学1年生でだいたい2~4ページほどの曲を弾いています。レッスンでは暗譜ができると丸をいただけます。しかし次の曲を暗譜すると前の曲を忘れて

しまってます。何曲も持ち曲をもってらっしゃる方はどのような練習方法(暗譜)をされているのでしょうか?

とか、

ピアノの練習をしていますが、新しい曲を覚えた分だけ古い曲を忘れます
普段は指が勝手に鍵盤を移動しますが、 忘れると指が迷子になってどこを押すかわからなくなります
楽譜を読みながらは弾けないので困りました
どうすればいいですか?(´・ω・`)

とかです。

ベストアンサーに選ばれた答えは

新しい曲を覚える前に
レパートリーを一通り弾いてください!

でした(笑)

【論破】

私はこの2か月だけでもジャズピアノ(譜面の)を3曲、バッハを5曲練習しました。これだけを「一通り」弾くと1曲3分かかったとしてノンストップで弾いても24分です。1日30分練習するとしたら新曲を弾く時間は6分しか残りませんが?

 

ベストアンサーその2

暗譜しても弾き続けなければ、忘れるのが当たり前。

何曲も暗譜する場合は、どうするかといいますと、定期的に弾くのです。

今日は「1番目の曲」と「2番目の曲」。
明日は「3番目の曲」と「4番目の曲」。
明後日は「5番目の曲」と「6番目の曲」・・・

といった具合に、定期的なローテーションを組み、弾き続ければ、この場合、6曲を、ずっと覚えておくことができます。

【賛同】

これが正解ですね。私もこの方法を使っています。今日は「別れの曲(ジャズバージョン)」と「パッヘルベルのカノン」を復習しました。それに10分かけるとしたら、残りの20分で「星に願いを」を練習できますね。現実問題としてこのくらいが妥当です。

 

これで記事を終わりにしてもよいのですが、せっかくですので、

私の見解を以下に述べましょう。

ピアノ忘却問題についてのタクヤさんの見解

「以前に弾いた曲が弾けなくなってどうたら、、、」という問題は、実はクラシックピアノとジャズピアノではまったく違うと思うのです。以前の記事で書きましたが、私の前師匠はジャズピアニストでしたが、「1曲弾けるとあとは同じですから」と言っていました。そして、暗譜している曲も多く、何も見ないで見事に弾いていました。

つまり、楽譜を見てその通りに弾こうというクラシック的な方法論では、忘却と復習が戦い続けなければなりません。おそらくは永遠に!です。如何に効果的に復習するか、というだけの問題になります。

しかし、コード進行を覚え、その場でどう弾くか決めるという「即興演奏」の要素が強い音楽では、コード進行とかメロディという枠だけ覚えておけば「忘れる」という現象はあまり起きないみたいなのです。

では、ジャズがクラシックよりすごいんすか?

という中二病的な疑問がわいてくると思いますが、、、それは何とも言えないと思います。こう思う理由を以下に説明します。

師匠の方法論はおそらくは「これが来たらこう」「あれが来たらああ」というパターン認識能力や反射神経を鍛えて、曲を料理する際に、その「適切な」パターンを的確に超絶に繰り出すことで見事な演奏が成立しているのです。この方法論でのレベルアップはパターンをいくつも持ち、状況に応じて適切なパターンを選ぶこと。さらに持っているパターンそれ自体を技巧的にすること、を意味します。すると、パターンの集積であるところの演奏は、さらにレベルアップし、輝きを増してゆくことになります。

しかし、この方法論にケチをつけるとすれば、しょせんはパターンの組み合わせに過ぎないと言えばそうなのです。ABCDEFがACDFEBになるように、順列組み合わせのパターンが変化しただけ。とも言えるわけです。

したがって、クラシックとジャズというのは、格闘技のグラップラー(組技や関節技を得意とする選手)とストライカー(パンチやキックのような当身技を得意とする選手)の戦いのように、明確なコンセプトの違いという構図があって興味深いテーマではあるのですが、ルールが違うんだから比較しがたい、という感じですね。。。

同じピアノという楽器、同じドレミという音階を使いながら、囲碁と将棋くらいルールに違いがあるのだと思います。

じゃ、またね~

 

 

 

 

 

今日はエンディングのヴォイシング。

練習スケジュール 曲の研究

終わりよければ全てよし、みたいなことは多少あるかも。

「星に願いを」は、あまりの難しさに「アドリブ」部分は諦めました(´・ω・`)

イントローAABA-AABA-エンディング。みたいに弾こうと思います。

これを弾きこなしたら、アドリブパートは、また日を改めてチャレンジすることにします。

 

で、今日は時間がないので譜面はあとで時間があるときに載せますけど、Ebのキーで

|BM7(9) |EM7(6,#11) | EbM7(6) |EbM7(9 #11)|

ですよ~。すごくアヴァンギャルドですね。

|D#m/B |Ebm7/E |Gm add4/Eb| F/Eb |

(スラッシュの左側を右手で弾く)

で、上記のサウンドが得られます。

すごーーい。

マル覚えして、あらゆるジャズバラードをこのパターンで終わったろか、みたいなインパクトですね。

 

気が早いですが、次月はこれを使って学びます。

 

国府弘子の今日からあなたもジャズピアニスト (NHK趣味悠々)

国府弘子の今日からあなたもジャズピアニスト (NHK趣味悠々)

 

 私、実はこの本、2011年にアマゾンのカスタマーレビューも書いていて、NHKの番組放送もリアルタイムで何回か見た記憶があるので、2008年に入手した本のはずです。

「なんちゃってジャズピアノ」は、間違いなく良書だとは思うのですが、ちょっと歯ごたえがありすぎました。それよりもこちら(国府弘子さん)の方が、自分のレベルには合っていそうなので、こちらからやっていこうと思います。

もちろん、国府弘子さんの本でも、上手な人用にガチで書いたものもあるはずですので、「今日からあなたもジャズピアニスト」に関してだけ言えば、まあ手加減してくれている、といったところかもしれません。たとえて言うと、プロの囲碁将棋の棋士指導対局で本気で勝ちに来ることはないわけで、あくまで「基本を教えよう」という感じがしてユーザーフレンドリーな本です。

 

ちなみに私は過去記事において、こんなことをほざいています。

pianosukisugi.hatenablog.com

そう。自分で「難易度」はほどほどにしよう、と言っておいて、自分で守れていませんでした。

 

しかし、乗りかかった船ですので、「星に願いを」だけは近々練習キャスできるレベルまでがんばりまーす。

 

じゃ、またね~。

 

 

ABAAの「B」

練習スケジュール

やっとここまで、、、

「星に願いを」ですが、やっとイントロとワンコーラスを「ゆっくり」弾けるようになりました。ここまでで今月半分終わっちゃいましたから、今月はこの曲だけで終わりですね。ちょっと、曲の難易度を甘く見ていました。

「星に願いを」は

AABA形式の32小節なんですが、Aは「わかりやすく、王道的な」メロディが来て。Bは「ちょっとひねった」というか、工夫を凝らした感じ、ということが多いですね。

つまり、「王道」「ちょっと変化球」「王道」という感じに並ぶと、安心→不安→さいごは安心、あーよかった、というストーリーが出来てくる。つまり聞き手の心理にフィットする構成なのでしょう。

 

以前教わった師匠は、

「1曲弾けるようになると、あとは次々に弾けるようになるんだよ」

とおっしゃっていましたっけ。

「そうなんですか、、、でも、どうしてでしょうか?」と質問すると、

「みんな同じだからね(笑)」

とお答えになりました。

 

思うに、あるアレンジ手法を完璧に身につけると、どんなメロディやコードが来ても、チヤッチャッとそのやり方で料理してしまえるということなのかもしれません。

 

しかし、今やっているように、楽譜を弾くということでいうと、曲によって違うテクニックが使われているのですし、そうは簡単にはいかないと思うのですが・・・

コードだけの譜面を見て自分でアレンジして、、、という方法だと、師匠の言うみたいに、次々に曲をマスターしてゆけるのでしょうね。。。

また、楽譜から特定のアレンジ手法を学ぼうと思えば、同じ作曲家さん、アレンジャーさんの曲で練習した方が、「おおっまたこれが来たか!」みたいな感じで、実りが多いかもしれませんね。

 

 

 

 

ベースギター売ってきました。

未分類

断捨離続けています。

今日は、ベースギターを売ってきました。

500バーツ(1500円)でした。まあ、インドネシア製のよくわからんメーカーのですしね、、、、それはいいのですけど、部屋が広くなってワロタ、みたいな状況です。

 

ところで、ピアニストが、他の楽器に手を出す、ということをどう思いますか?

私は、ピアノのほかにギターをやってるんですけど、もし「何かの楽器を一生かけて学ぶこと」ということを考えると、楽器を習う(独学する)というのは、もしかしたら「結婚」なのかもしれません。

あなた(男性と仮定します)がある女性に「ボクと結婚してください」みたいなプロポーズするとしましょう。

その言葉は、その女性の中では

①一生、私という女性だけを愛する。

②私だけではなく、子どもが生まれたらその子も等しく愛する。

③家族の幸福を守るため、働き、収入を得る。

④趣味や娯楽はほどほどにし、私との時間を持つ。

他にもあるのかもしれませんが、おおよそ上記みたいなことを意味していると思われます。

 

で、ふと思ったのです。もしかしたら、部屋にベースギターがあるということを、ピアノさんは快く思っていないのかもしれない、と。ピアノさんは嫉妬深い女性のような存在なのもしれないな、、、と。

そんなこと考えたことはなかったのですけど、ピアノさんの気持ちになると、ごめんなさい、という気持ちになってしまいます。

 

話は変わりますが、日本人の宗教観と絡めて

日本人って、宗教観がでたらめだ、ってことはご存知ですよね?

神道仏教キリスト教、新興宗教など、神様だらけ。

一神教の国だと絶対にあり得ない感覚だと思うのですが、、、

f:id:pianosukisugiru:20170212015717j:plain

なんとなく、この辺のメンタリティが、ピアノをやっているのに部屋にベースギターやギターがある、という節操のない状況を生んでいたのでは、、、と感じます。

私は無宗教なので、スピリチュアルな本は好きなのですが、特に宗派はこだわらずに読んでいるのですが、もし心酔するような教えに出会ったらどうでしょうか?

やはり、その宗教の本だけを読んで、その教えにしたがった生活を送るのが正しい信徒なのでは?という気がしますよね。。。だいたい、いろいろ読んだら、頭の中がぐちゃぐちゃになって、何が何だかわからないと思うのですよね。

で、さらに考察を進めると、たとえばキリスト教を信じている人たちがものすごく大勢いると、その人たちの精神エネルギーによって、父なる神とかイエス様とかマリア様とか、そういうキリスト教的なエネルギーの「場」を作り、それが精神エネルギーとして「存在するようになる」のでは?と思ったりします。死んでこの世を離れたキリスト教徒の精神エネルギーもまた、何らかの存在になってその「場」を強める、とすれば、、、累積されていって、巨大なキリスト教的精神世界があるのかもしれません。

 

で、話をピアノに戻しますと、

私はピアノと「音楽的な結婚」をし、「ピアノ教徒として洗礼を受けた」ということになるかと思います。

そういう覚悟を新たにしたい、と、それを言いたかったのですが、何となく、言ってること、わかっていただけましたか。

 

じゃ、またね~

 

 

 

 

 

 

R 5-3、つまりは10度のストライドの弾き方について

テクニックを磨こう

最近気がついた弾き方のコツ。

「いつか王子様が」を弾く際に、以前は、テンションノート(9th)入りのクローズドヴォイシングを使っていたのですが、「ソロピアノで連れに聞いてもらう」という状況を考えると、R-53の10度のストライドの方がきれいなサウンドだな、と思うようになりました。まあ、音楽性が単純だからなんでしょうけど。

 

で、そのテクニックをシェアしたいと思います。

冒頭のBbのコード。

(1)1拍目でルートのシbを小指で弾きます。

  ここでいきなりポイントです。人差し指に注目です。

次に弾く5度(ファ)の鍵盤でスタンバイです。

ここでさらにコツがあって、人差し指は鍵盤に軽く触れた状態でスタンバイすること。

つまり、、、人差し指が空中にあると小指のタッチもぎこちなくなるし、なんか手全体が安定しないのです。

 

f:id:pianosukisugiru:20170210010841j:plain

 

(2)2拍目に2分音符でファ(5th)とㇾ(3rd)を弾くところ。

f:id:pianosukisugiru:20170210011831j:plain

小学生の算数の時間で使った(と思われる)コンパスをイメージしてください。

コンパスは、円を描くための道具です。(たぶん)

人差し指が、紙に穴をぶっさす針だと思って、グーッと手首を、円を描くような感覚で回転させて人差し指でファ、親指でㇾを弾く。

 

指使いは、私にとっては(たぶん、ほとんどの人にとっても、だと思いますが)上の方法がベストです。

 

T「もし(1)のとき、ファの上にスタンバイする指を中指にしてしまうと、どうなるでしょう?」

架空「指がつりそうです(´・ω・`)」

T「ハイ、そうですね。5度の幅は小指と人差し指が自然です。」

架空「でも、(2)で人差し指と親指がずいぶんグワーッと開いていませんか?」

T「5本の指の中でもっとも器用に動かせるのは親指なんです。稼働領域も広くて、小指と薬指の間は20-30度しか開きませんが、人差し指と親指の間は余裕で90度以上開くでしょう?このくらいは余裕でこなせるんですよ」

 

というわけで、R、53のストライドの弾き方について、でした。

ただ、このヴォイシングは、曲の中では「メジャー」「マイナー」「ディミニッシュ」などには合いますが、ドミナント7thコードは7thが必要ですので、使えません。

たとえばD7を弾くときは「ㇾ、ファ#とド」のように弾くとよいでしょう。曲の中で、コードの全体の音程が7度に縮まったり、10度に開いたりする変化が心地よく、自然に聞こえますよ。

というわけで、読んでいただいて感謝です。

 

じゃ、またね~。

 

 

ピアノと断捨離。

練習のアイディア

断捨離はピアノがある部屋には必須 / 今の部屋のヤバさについて

このブログを読んでいるあなたは、「ピアノ」というキーワードに引っかかるタイプの人が多いはずですから、おそらくはお部屋にピアノ、なり、電子ピアノ、なり、あるいはピアノと電子ピアノが両方、なり、がきっとあるのでしょうね?

で、ピアノって大きいですよね?

こんなにでかいものが部屋のスペースを占有しているのですから、普通の人よりも部屋の掃除だとか不要物の撤去をがんばらないとたちまちのうちに「汚部屋」になってしまうのですよ。もしピアノが趣味で、かつ、買い物魔で、ため込み屋で、掃除が面倒くさい、とかなってくると、お部屋は、すごいことになっているはずです。

f:id:pianosukisugiru:20170208123858j:plain

ものというのは、部屋の4隅にたまります。例外は、部屋の隅がドアになっている場合です(笑)

上は、私の部屋の中でもっともヤバい一画です。

このグリーンのクリアケースは、写真のアルバムが多い(みたいです)。

というのも、見ると疲れるので、「見なかったことにしている」ので、中に何が入っているのかよくわからないんです。。。あと、古い日記とか、もらった写真たてのような小物とか、だと思うんですけど、、、奥には弾かなくなったベースギター。ベースではない、普通のギターはまだいいのです。時々弾きますからね。捨てる気はない。

 

部屋が汚いとこれがまずい!

で、まずいなあ、と思うのは、私はいつも

「部屋のものをどうやって捨てようかな~?」とか

「部屋のものをどうやって機能的に整理しようかな~?」とか、

そんなことばかり考えているのです。

で、たまーに意を決するのです!

部屋を片づけよう!と。

今やっているのは、巨大な写真アルバム(台紙が厚いようなやつです)があまりにも邪魔なので(積み上げると人間の背丈くらいでした)写真をひっぱがして、写真屋がくれるミニアルバムに移し替えるという地道な作業です。

実際にやるとわかるのですが、こうすると、体積が3分の1から4分の1(アルバムの構造による)に圧縮できるのです。この方法で、全写真をミニアルバムに収納しなおして、クリアケース一つ以内に圧縮です。もしそれでもあふれ出してしまった場合には、捨てる。

ということにして、毎日毎日、ピアノの練習をする時間を削って、写真をひっぱがしてミニアルバムに入れる作業をしています。もしパン工場でアルバイトすれば、時給900円くらいもらえるのでしょうから、1時間900円払って作業をしているような感じですね。。。

しかし!ちょっとでも部屋がきれいになることが嬉しくてしょうがない(≧▽≦)

ここは断捨離をガッツリやって、きれいな環境を整えてからピアノに取り組もう。

そう思っているのです。どうも、部屋のことが気になって気になって、ピアノを弾こうと思っても、ちょうど、車のブレーキとアクセルを同時に踏んでいるような?そんな感覚なんですね。

 

ということで、ピアノが部屋にあるあなたは、

ジャンジャン断捨離をして、気持ちよくピアノを弾きましょう!

 

じゃ、またね~。